ミスヤンマガ・寺本莉緒が“イマドキ女子”目線で女子ラグビーを初観戦!試合やラグビー場の様子をレポート | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ミスヤンマガ・寺本莉緒が“イマドキ女子”目線で女子ラグビーを初観戦!試合やラグビー場の様子をレポート

新着 ビジネス
ミスヤンマガ・寺本莉緒が“イマドキ女子”目線で女子ラグビーを初観戦!試合やラグビー場の様子をレポート
  • ミスヤンマガ・寺本莉緒が“イマドキ女子”目線で女子ラグビーを初観戦!試合やラグビー場の様子をレポート

『ミスマガジン2018』にて『ミスヤングマガジン』に輝くなど、”ヤンマガ次代の宝”と称される現役女子高生タレント・寺本莉緒さん。趣味は野球観戦の17歳であり、好きな球団は広島カープ。実際によく球場にも足を運ぶという。


そんな寺本さんが今回、初めて7人制女子ラグビー「東京山九フェニックス×日本体育大学」の試合を観戦。”イマドキ女子”としての視点で、試合やラグビー場の様子をレポートしてもらった。


初めて訪れた秩父宮ラグビー場


前段でも少し紹介したが、この日寺本さんが観戦したのは5月18日(土)に秩父宮ラグビー場(東京・青山)にて行われた「東京山九フェニックス×日本体育大学」の試合だ。


―:初めてラグビー場に来た感想を聞かせてください。


寺本莉緒さん(以下、敬称略) :まず、こんなに広いグラウンドでやっていることを全然知らなかったです!初めにラグビー場を見たときは「広っ!」って思いました。


観客席はそんなに埋まっていないなっていう印象はあったんですけど、(実際に試合が始まって)選手が入ると迫力が増して、応援も楽しかったです!


―:ラグビー場の雰囲気はどうですか?


寺本:雰囲気はとても良いと思います!ご飯も売っていますし、持ち込みもOKだし、応援に決まりとかもないし、気軽に楽しめて良いなと感じました。これからも来たいです!


初心者でも楽しめる!同世代の女の子たちへの推しポイントは?


―:(ラグビーの)ルールは難しいですか?


寺本:詳しい(細かい)ルールになると難しいですね。でも、得点した後にキックがあるとか、そういうところはすぐに覚えられるなと思いました。すべてのルールを知らなくても楽しめました!


―:同世代の女の子たちには、女子ラグビーのどういうところを観て欲しいですか?


寺本:無料で観戦できるというところが、すごい推しポイントだと思います!あと、(一緒に観戦させてもらった)選手の人柄もすごく明るくてポジティブで良い人たちばっかりだったので、そこにも注目してほしいなと思います。



この日に寺本さんが観戦したのは、『太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2019』という大会だった。秋田、東京、三重、静岡の4地方で実施され、1日に10試合以上が行われる。同大会では、この試合数を無料で観戦できる。


また、今回寺本さんは東京山九フェニックスの選手たちと観戦した。選手たちと一緒に試合を観戦したことについても話を聞いてみた。


―:実際に選手たちと話してみて、イメージは変わりましたか?


寺本:変わりました!みんな1人の女性として輝いているので、選手も女子ラグビーも好きになります。


初めて観戦した7人制女子ラグビーの世界に魅力を感じたという寺本さん。


実はこの日、寺本さんは東京山九フェニックスの宮田里菜選手、笠原きらら選手との対談も行った。後編では、その対談の模様をお届けする。


≪後編≫
敵味方関係無しに「ナイスゲーム!」 ミスヤンマガ・寺本莉緒、東京山九フェニックス・宮田里菜、笠原きららが語る女子ラグビーの魅力

《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top