「現役アスリートは自己中でなければいけなかった」無良崇人が感じた、浅田真央の引退後の変化 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「現役アスリートは自己中でなければいけなかった」無良崇人が感じた、浅田真央の引退後の変化

スポーツ 選手
「現役アスリートは自己中でなければいけなかった」無良崇人が感じた、浅田真央の引退後の変化
  • 「現役アスリートは自己中でなければいけなかった」無良崇人が感じた、浅田真央の引退後の変化

1月7日から3月3日まで、東京ミッドタウンにて「MIDTOWN ICE RINK in Roppongi」が開催される。このイベントは、六本木の屋外に設置されたアイスリンクで、誰でも気軽にスケートを楽しめるというもの。

開催初日の1月7日にはオープニングセレモニーが行われ、浅田真央さんや無良崇人さんらが参加した。セレモニー後、編集部は無良さんに現在の活動に懸ける思いなどについて話を聞いた。(聞き手・撮影=大日方航)

2018年3月にフィギュアスケート選手を引退し、プロに転向した無良さん。現在は浅田さん率いる『浅田真央サンクスツアー』に出演し、アイスショーを各地で行いながら全国を巡っている。今年は北海道から沖縄まで全国21カ所で開催予定だ。

撮影=大日方航

きっかけを作りたい

—:『浅田真央サンクスツアー』には、どういった思いで関わられているのでしょうか。

無良崇人さん(以下、敬称略):サンクスツアー自体が、スケートリンクを常設している場所を借りて行います。ですから、アイスショーが終わった後も、会場にもう一度足を運べばスケートリンクがそこにある、というのがすごく大きいと思っています。

意外と、スケートリンクがどこにあるのか知らない地元の方も結構いるんです。特に、地方に行けばいくほど。

そこで、アイスショーをやることによってスケートリンクの場所も認知してもらえる。それがきっかけとなって、テレビで試合の映像を見たり、スケートをはじめることになるかもしれない。

きっかけづくりが一番必要なこと。そこに一役買えればいいな、と思っています。

—:昨年は『浅田真央サンクスツアー』での活動に加え、テレビ出演や解説の仕事含めて様々な活動に勢力的に取り組まれていたように思います。そうした幅広い活動をしていく上で、新たに得られた知見はあったでしょうか。

無良:いろいろな活動をすればするほど、新たな表現方法というのが得られています。細かいことではありますが、自分の感情を出すことなど、一つ一つのことが自分の滑る演技に繋がっている感じがすごくありますね。

また、昨年度はいろいろな役柄をアイスショーを通してやらせていただきました。

それによって、自分が何を演じたいのかと考えた上で、自分が表現したいことを実行する機会が多く、そうした演技が周りの見にきてくださる方々にも評価をもらえているというのは、自信にもなりました。

いろいろなことを経験できているのは、今後にもつながっていくと思います。

(c) Getty Images

現役を引退して変化したこと

—:無良さんは、「選手時代は自分のことに集中しなければいけない時があったと思いますが、今はサンクスツアーを真央主導でやっていて、みんなのために率先して前に引っ張っていく一面があるのだと気づきました」と浅田さんに関して発言されていました。

浅田さんの、現役時代には見えてこなかった側面を発見できるのはどういった時でしょうか。

無良:(浅田さんは)もともとスケートに対してのこだわりはすごく強かったですが、それをグループでやるということに関しては、僕も真央も経験のないことだった。

それが、アイスショーを皆でつくるにあたって必要なことを考える時に、「じゃあこういうことをしてみようよ」っていう発案をしたりとか、率先して自分が引っ張っていこうとしているんです。そうした時に、「こういう一面もあったんだ」と気づいたりしました。

また、『浅田真央サンクスツアー』に準じてスケート教室も各地でやっているのですが、すごい教えるのが好きなんだな、と。教えることを楽しみながらやっているんです。

教えるという行為は、(スケートを)やっていた側とはいえ難しいこともたくさんあるのですけれども、それを楽しみながら、そして時には厳しい一面も見せるのは意外でしたね。

—:現役の時は、浅田さんはチームを率いて、何かを率先して行うタイプではなかったということでしょうか。

無良:現役の頃は、言い方は悪いのですがアスリートは自己中でなければいけなかった。それが当たり前でした。

でも、グループでやらなければいけないとなった時に、自己中では通用しないことが出てきます。それで、すごくいい形にガラッと変わった。

指導者というか、自分がトップでやらなければいけないというのが出てきたのかな、とは思いますね。

—:無良さんも、引退後に同様の変化はあったのでしょうか。

無良:うーん、そうですね。言わなければいけないことは言わなければいけないですし。本当にグループで成功するためには、どうしていかなければいけないか、というのを学ばせていただきました。

—:現役の選手たちにはどういった思いを持っていますか。

無良:今の現役のトップ5に入る男子選手、女子選手は、本当に僕の競技レベルを超えた選手たちはいっぱいいます。

ただ、何しろ怪我が多いので、そこが現役としては辛いよな、と共感する部分もたくさんあります。いい状態で試合に臨んだり、できるだけ怪我をしないようにしてほしいという思いがすごくありますね。

《文・撮影=大日方航》

※インタビュー後半はこちら

無良崇人(むら たかひと)

1991年2月11日生まれ。千葉県出身。2007年の全日本ジュニアで優勝し、2008年全日本選手権で初めての表彰台となる銅メダルを獲得。

10年にわたりシニアで戦い続け、世界選手権には3度出場。2018年3月に選手を引退し、プロに転向。現在は『浅田真央サンクスツアー』に出演するほか、テレビ出演、フィギュアスケートの解説など幅広く活動している。

撮影=大日方航

《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top