太田雄貴がLGBTに興味を持ったきっかけは、友人の女性フェンシング選手が男性になったことだった | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

太田雄貴がLGBTに興味を持ったきっかけは、友人の女性フェンシング選手が男性になったことだった

スポーツ まとめ

日本最大級のLGBT関連イベント「東京レインボープライド2018」が4月28日~5月6日までの間開催される。28日、渋谷の「ホテル コエ トーキョー」で同イベントのオープニングレセプションが行われ、元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈さんや、元フェンシング日本代表の太田雄貴さんらが登場した。
  • 日本最大級のLGBT関連イベント「東京レインボープライド2018」が4月28日~5月6日までの間開催される。28日、渋谷の「ホテル コエ トーキョー」で同イベントのオープニングレセプションが行われ、元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈さんや、元フェンシング日本代表の太田雄貴さんらが登場した。

日本最大級のLGBT関連イベント「東京レインボープライド2018」が4月28日~5月6日までの間、開催された。

28日、渋谷の「ホテル コエ トーキョー」で同イベントのオープニングレセプションが行われ、元フェンシング日本代表の太田雄貴さんや、トランスジェンダー活動家の杉山文野(ふみの)さんらが登場した。

2016年に開催されたリオ五輪ではLGBT当事者であると表明したアスリートの参加が過去最多となったことを踏まえ、2020年の東京五輪に向けた課題について話し合った。

トランスジェンダー活動家の杉山文野(ふみの)さん

なぜ、リオ五輪でLGBT当事者であると表明したアスリートの参加が過去最多になったのか

杉山さんによると、聖火リレーでゲイカップルがキスをしたシーンや男子競歩イギリス代表のトム・ボスワース(Tom Bosworth)選手の、同性パートナーとの公開プロポーズシーンがリオ五輪である種パフォーマンス的に起こった理由の一つは、「オリンピック憲章が変わったこと」にあるという。

オリンピック憲章の第6章は差別禁止の規定ではあるが、2014年から「性的指向による差別の禁止」が明記されたのだ。

また、杉山さんによると、「スポーツに関わる経験(部活動、体育、更衣室など)で嫌な思いをしたLGBTの方は非常に多い」という。だからこそ、アスリートのカミングアウトは「パワーカミングアウト」と呼ばれ、強い影響力を持つ

太田さんが「ある日目を離した瞬間」杉山氏が「男子選手」になっていた

ちなみに、杉山さんと太田さんは、20年以上の付き合いになるという。太田さんが杉山さんに出会った当初、杉山さんはフェンシングの「女子」選手だった。

最終的にフェンシングの日本代表チームまで登りつめた杉山さんは、太田さん曰く「男子を束ねるリーダーシップのある女子選手」だったという。

ところが、太田さんが「ある日目を離した瞬間」杉山さんが「男子選手」になっていたのだとか。

元フェンシング日本代表の太田雄貴さん

「僕がLGBTへの理解を持てたのは、文野(杉山文野)との出会いが大きい。ショック療法というか。時間が経つと馴染みましたけれど、文野に変えられたんだな、と思います」(太田さん)

この日イベントに登壇した元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈さんも「中学時代に幼なじみからトランスジェンダーであることを打ち明けられた経験がある」からLGBTに理解を持てたと明かしたが、やはり身近な存在にLGBTであることをカミングアウトした人がいるというのは、同問題に関心を持つきっかけとして大きいようだ。

元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈さん

2020年の東京五輪が、リオ五輪の影響を受けてLGBT当事者、そして社会に対してどういった場所になっていくのか、注目される。

《大日方航》

《SPREAD》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top