パフォームがNBA公式サイトの運営を15カ国以上で予定…デジタルメディア分野での業務提携契約を締結 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

パフォームがNBA公式サイトの運営を15カ国以上で予定…デジタルメディア分野での業務提携契約を締結

スポーツ 短信
ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)とPerform Media(パフォーム・メディア)は、複数年にわたる業務提携契約を締結した。

今回の提携により、Performはアルゼンチン、オーストラリア、カナダ、インド、日本、メキシコ、スペインを含む15カ国以上でNBA公式サイトを運営する。

Performは今後、ローカルな話題やブランドに関するコンテンツを提供することで国際的な視聴者数を増やし、Perform Groupのスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」でのNBAリーグパス(試合のライブ配信サービス)の販売促進に注力していく。

NBAは現在、世界中で20のローカライズしたウェブサイトを展開しており、日本ではPerformが2013-14シーズンからNBA公式サイトのローカル版を運営。現在は公式サイト、公式ツイッター、公式Facebook、公式LINEを運営している。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. 【プロ野球/7日予告先発】日本ハム活動再開 先発・バーヘイゲン今季初勝利なるか

    【プロ野球/7日予告先発】日本ハム活動再開 先発・バーヘイゲン今季初勝利なるか

  2. 安藤美姫、黒いビキニのセクシーショット「THIS IS WHAT I NEED」

    安藤美姫、黒いビキニのセクシーショット「THIS IS WHAT I NEED」

  3. タイムトラベラー説が濃厚か…1995年タイソンの試合にスマホを持った観客がいた!

    タイムトラベラー説が濃厚か…1995年タイソンの試合にスマホを持った観客がいた!

  4. 平昌オリンピックの選手村が楽しそう…熱戦の舞台裏で選手達は様々な過ごし方を

  5. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  6. 元体操・田中理恵、元AKB48の板野友美と2ショット「家でゆっくりしてましたー」

  7. 【GM Interview】サッカーでの挫折からグローバル・ビジネスを目指す HALF TIME磯田裕介代表取締役 後編 今の日本に必要なのは「国際的柔軟性」

  8. スター選手も驚いた大谷翔平のエンゼルス加入…トラウトが語る決定当時の心境

  9. 中日が巨人に逆転勝ち…岩瀬仁紀がプロ野球新記録の通算950試合登板を達成

  10. 「基本的に彼は高校生レベル」…米スカウトが「打者・大谷翔平」に厳しい評価

アクセスランキングをもっと見る

page top