パフォームがNBA公式サイトの運営を15カ国以上で予定…デジタルメディア分野での業務提携契約を締結 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

パフォームがNBA公式サイトの運営を15カ国以上で予定…デジタルメディア分野での業務提携契約を締結

スポーツ 短信
ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)とPerform Media(パフォーム・メディア)は、複数年にわたる業務提携契約を締結した。

今回の提携により、Performはアルゼンチン、オーストラリア、カナダ、インド、日本、メキシコ、スペインを含む15カ国以上でNBA公式サイトを運営する。

Performは今後、ローカルな話題やブランドに関するコンテンツを提供することで国際的な視聴者数を増やし、Perform Groupのスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」でのNBAリーグパス(試合のライブ配信サービス)の販売促進に注力していく。

NBAは現在、世界中で20のローカライズしたウェブサイトを展開しており、日本ではPerformが2013-14シーズンからNBA公式サイトのローカル版を運営。現在は公式サイト、公式ツイッター、公式Facebook、公式LINEを運営している。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. 最も稼げるスポーツ競技は野球!サッカーは4位、じゃあ2位は?

    最も稼げるスポーツ競技は野球!サッカーは4位、じゃあ2位は?

  2. ローマ、バルセロナと引き分け…ガルシア監督「今日の勝ち点1は勝ち進むための助け」

    ローマ、バルセロナと引き分け…ガルシア監督「今日の勝ち点1は勝ち進むための助け」

  3. 【THE ATHLETE】世界が興奮!ラグビー日本代表の大金星、ラストワンプレーで大逆転を遂げた強い心

    【THE ATHLETE】世界が興奮!ラグビー日本代表の大金星、ラストワンプレーで大逆転を遂げた強い心

  4. ヨネックスがキャロライン・ガルシア、フランシス・ティアフォと契約

  5. サッカーアメリカ代表メンバー発表、18歳「大統領の息子」が初招集!

  6. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  7. モデルボクサー高野人母美…世界タイトル挑戦を前に、ボクシングを「大嫌い」

  8. 右翼イチロー、遊撃ジーター…米メディア選出「2000年代オールスター」は

  9. プロ野球ドラフト会議と、放映権料ビジネスが矛盾する理由…ゼロから学ぶスポーツビジネス

  10. 「ルーティンをなくすことをルーティンに」!? 日ハム2年目右腕が”珍目標”

アクセスランキングをもっと見る

page top