ナイキ、エリウド・キプチョゲの意見を反映した「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント」発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ナイキ、エリウド・キプチョゲの意見を反映した「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント」発表

ナイキは、エリウド・キプチョゲの協力を得て開発したアッパーを搭載した「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント」を発表した。

新着 製品/用品
ナイキは、エリウド・キプチョゲの協力を得て開発したアッパーを搭載した「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント」を発表した。

キプチョゲが2017年9月、大雨と湿度99%という環境の中、ベルリンのマラソンコースを走ったところ、着用していたナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリートが水を吸い、問題になることがわかった。水分が蒸発しないため、シューズが重くなっていたのだ。

デザイナーは、ソール部分はそのまま維持しながら、新しいアッパーを開発することを決定。実験を行なっていた機能的な3Dプリントを活用したアッパーの採用を考え、ナイキ フライプリントと名付けられた新たなアッパーをキプチョゲに見せた。

ナイキ フライプリントは、ナイキ初の3Dプリントを活用した競技用フットウエアのテキスタイルアッパーだ。固体堆積モデリング(SDM)と呼ばれるコイル状になっているTPUの繊条組織を解き、それを溶かして層に重ねるプロセスにより作られる。

アスリートのデータを記録して、コンピューターデザインツールで解析し、フライプリント素材の理想的な構成を確定。最後に、その情報を元に最終の素材が作られるため、アスリートや求められる機能に合わせて全く異なるプリントを作れる。

デザイナーは何千ものアッパーデザインを検討した後、いくつかの試作品をプリントし、“D”バージョンを試用。このシューズで初めて走ったキプチョゲの反応をもとに修正し、次の段階のサンプルである“E”バージョンを制作した。

それからテストを続け、次の“F”バージョンで納得のいくものが完成。キプチョゲは、シューズの中を空気が通り抜ける感覚が好きだから、雨の日も晴れの日もこのシューズで走りたいと伝えた。

新しいアッパーは、キプチョゲがモンツァとベルリンで着用したものよりも11g軽量化。ニット加工、織物加工されているアッパー素材は、交差している繊維同士に摩擦が起こるため、引っ張り強度が高まると同時に、適切な位置で足を安定させることができる。

ロンドンでキプチョゲが着用するシューズのアッパーは、キプチョゲのスピードやケニアの練習環境を表現するため、異なる色が層をなしている。キプチョゲは、4月22日(日)に行われるロンドンの大会で、新たなアッパーを搭載したナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリントを着用する予定だ。

ロンドンでは同じ週末、ナイキアプリを通じて限定生産の同シューズを販売する。なお、日本は未発売となる。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

新着 アクセスランキング

  1. ラグビー日本代表×キン肉マン!コラボポスターやグッズを都内で展開

    ラグビー日本代表×キン肉マン!コラボポスターやグッズを都内で展開

  2. 16インチ折りたたみ自転車「Modal Soul」と「Light Velocity」発売

    16インチ折りたたみ自転車「Modal Soul」と「Light Velocity」発売

  3. 自由に設営できるテント兼タープ「ヌノイチ」発売

    自由に設営できるテント兼タープ「ヌノイチ」発売

  4. 6輪車いすで段差や溝も安全に…芝浦工業大学と川口市の企業

  5. リーボック「インスタポンプフューリー」にカモフラージュ柄を配した新作登場

  6. アディダス、FIFAクラブワールドカップ公式試合球「クラサバ」発表

  7. コールマン、Monroと新レーベル「INDIGO LABEL」スタート

  8. あさひがリユース事業に参入、自転車の買取サービス開始

  9. CYCLE、ニュースアプリを公開しました…楽天ポイント、プッシュ通知など搭載

  10. ワークマン、アウターにもインナーにも使える低価格サイクリング用ウエア

アクセスランキングをもっと見る

page top