現WBAミドル級王者・村田諒太、"上手に怒りの感情をコントロールしたランキング"第2位にランクイン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

現WBAミドル級王者・村田諒太、"上手に怒りの感情をコントロールしたランキング"第2位にランクイン

日本アンガーマネジメント協会は、第3回「アンガーマネジメント大賞2017」を発表した。調査対象は、20歳~59歳までの男女約416人と、アンガーマネジメント公認講師約254人。

スポーツ 選手
現WBAミドル級王者・村田諒太、上手に怒りの感情をコントロールしたランキング2位に
  • 現WBAミドル級王者・村田諒太、上手に怒りの感情をコントロールしたランキング2位に
  • 現WBAミドル級王者・村田諒太、上手に怒りの感情をコントロールしたランキング2位に
  • 現WBAミドル級王者・村田諒太、上手に怒りの感情をコントロールしたランキング2位に
  • 現WBAミドル級王者・村田諒太、上手に怒りの感情をコントロールしたランキング2位に
  • 現WBAミドル級王者・村田諒太、上手に怒りの感情をコントロールしたランキング2位に
日本アンガーマネジメント協会は、第3回「アンガーマネジメント大賞2017」を発表した。調査対象は、20歳~59歳までの男女約416人と、アンガーマネジメント公認講師約254人。

「上手に怒りの感情をコントロール・対応した有名人」「怒りの感情をコントロールできずに失敗してしまったと思う有名人」「今年一番怒りを感じたニュース・出来事」「1番イライラが解消されると思うキッチングッズ」について調査を行った後、上位に挙げられた回答の中から、アンガーマネジメント公認講師が各設問に投票し、それぞれ第1位を選出した。

「2017年に最も上手に怒りの感情をコントロール・対応した有名人」を尋ねたところ、2位にプロボクサーの「村田諒太」がランクイン。村田は今年5月、誰もが村田優位に進めていると観ていたWBA 世界ミドル級王座決定戦で不公平なジャッジが下された。しかし、「試合の内容は第三者が判断すること。僕自身が勝敗について言うのは違う」と冷静に述べ、再戦で見事にTKO勝ち、WBAミドル級王者に輝いた。「怒りの感情をパワーに変えて勝利したこと」が評価の対象となったようだ。

一般投票者からは、「理不尽な判定に文句を言わず、誰からも文句が言われないような勝ち方でチャンピオンになったから」「あの状況にも関わらず、相手選手を讃えたから」「怪しげな判定のあと、不平を言わず、チャンスを待ち、そのチャンスをものにしたから」などのコメントが寄せられた。



ちなみに、怒りの感情をコントロールできずに、失敗してしまったと思う有名人の1位には、秘書への怒りの感情を露わにした証拠テープが公開された元・衆議院議員の「豊田真由子」(投票人数166人)がランクイン。

また、今年1番怒りを感じたニュース・出来事の1位には、「東名高速の追い越し車線事故(ロードレイジ)」(投票人数164人)が選ばれた。1番イライラが解消されると思うキッチングッズ1位は、「野菜の皮むきスポンジ」(投票人数80人)だった。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top