【調べてみた】サッカー海外組選手の出場時間・得点ランキングTOP5...二冠を達成したのはあの選手! 3ページ目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【調べてみた】サッカー海外組選手の出場時間・得点ランキングTOP5...二冠を達成したのはあの選手!

スポーツ まとめ
森岡亮太選手参考画像
  • 森岡亮太選手参考画像
  • 今季3ゴール目を決めた岡崎慎司(2017年9月23日)
  • 武藤嘉紀 参考画像(2016年9月24日)
  • 吉田麻也 参考画像(2015年11月28日)

4位:本田圭佑(パチューカ/メキシコ):2点

今回はメンバーからは外れたが、28日に行われたリーグ戦でも途中出場でCFの位置に入り得点を記録。あまり多くない出場時間で2得点を記録している勝負強さはさすがの一言。

4位:武藤嘉紀(マインツ/ドイツ):2点

出場時間ランキングでも4位にランクインした武藤がここでもランクイン。強靭なフィジカルを生かしたドリブル突破からゴールも決めていて日本人にはあまりいないタイプのストライカーだ。

2位:岡崎慎司(レスター/イングランド):3点

ベテランの岡崎がランクイン。昨シーズンは献身的な守備が評価され“DFW”と称されるなど得点力は期待されていなかったが、今季は開幕2戦連発など好調を維持。レスター復活のためのキーマンとも言われている。

2位:中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル):3点

この夏、海を渡った中島。リオ五輪では背番号10を背負った男がポルトガルの地でブレイクの兆しを見せており、ロシアW杯のメンバー争いにも加わってくることが予想される。

1位:森岡亮太(ベフェレン/ベルギー):4点

森岡選手が出場時間、得点数の二冠を獲得。得点以外にも5アシストを記録していてまさにチームの心臓とも言える。今回日本代表メンバーには選ばれなかったが、この調子でいけば本大会での選出も近いはずだ。
《北川雄太》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top