西武、中村剛也が逆転3ラン…楽天とのゲーム差を2.5に広げる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武、中村剛也が逆転3ラン…楽天とのゲーム差を2.5に広げる

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武は9月13日、Koboパーク宮城で楽天と対戦。主砲・中村剛也内野手が逆転3ランを放ち、7-3で逆転勝利をおさめた。

西武は0-3と3点ビハインドで迎えた5回表、1死一、三塁の好機を作ると、源田壮亮内野手が適時打を放って1点を返す。6回表には、1死一、二塁の場面で、中村が今季第26号となる3点本塁打を放ち4-3と逆転に成功。以降の回も源田の適時打などで加点し、7-3とリードを広げた。

投げては、先発の十亀剣投手が6回3失点と粘りの投球を見せて今季8勝目。敗れた楽天は先発の藤平尚真投手が序盤は好投するも、中村にくらった一発が痛かった。楽天は西武戦では引き分けを挟んで9連敗。2位西武とのゲーム差も2.5に広がった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top