ロッテ、西武との乱打戦を制す…ペーニャが先制の場外弾&決勝犠飛 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテ、西武との乱打戦を制す…ペーニャが先制の場外弾&決勝犠飛

スポーツ 短信
野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ロッテは9月6日、メットライフドームで西武と対戦。中盤以降激しい点の取り合いとなった乱打戦は、延長10回表にペーニャが決勝犠飛を放ち、8-7で勝利した。

ロッテは0-0で迎えた4回表、死球の鈴木大地内野手を一塁に置き、ペーニャが今季第10号となる特大の場外本塁打を放ち2点を先制。5回表には吉田裕太捕手が今季第2号のソロ本塁打を放ち3-0とした。

その後5-4と西武に1点差まで詰め寄られるも、7回表には代打のパラデスが今季第9号の2点本塁打を放ち7-4とリードを広げる。しかし、粘る西武に8回裏に1点を返されると、9回裏には6番手の内竜也投手が2点を奪われ、土壇場で同点とされた。

それでもロッテは10回表、荻野貴司外野手と鈴木の連打で1死一、三塁の好機を作ると、ペーニャが右中間に大飛球。これが決勝の犠飛となった。

投げては、6番手の内が今季5勝目。敗れた西武は、再三にわたって粘りを見せたが、10回表に登板した増田達至投手が誤算だった。

《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top