宇佐美貴史、勝負のドイツ2年目へ意気込み「頑張らないといけないシーズン」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

宇佐美貴史、勝負のドイツ2年目へ意気込み「頑張らないといけないシーズン」

スポーツ 選手

宇佐美貴史  参考画像
  • 宇佐美貴史  参考画像
今季のドイツ・ブンデスリーガが8月18日、バイエルン・ミュンヘン対バイヤー・レバークーゼン戦で開幕した。勝負の年になるドイツ2年目を前に、アウグスブルクの日本代表FW宇佐美貴史が心境を語った。

2016年6月にアウグスブルクと4年契約を結んだ宇佐美。2度目のドイツ移籍を「人生をかけた再挑戦」と捉え、欧州での成功を夢見て新天地に向かった。しかし、昨季の宇佐美は出場11試合ノーゴールに終わった。

宇佐美貴史、アウグスブルク移籍に強い決意「人生をかけた再挑戦」

昨季の状況に宇佐美も危機感を持っている。

「もちろん試合に出るチャンスをつかめるよう頑張りたい。チャンスがもらえないなら違うことも考えなくてはならない、というモチベーションでやっています」

サッカー選手として出場機会は自分の実力でつかみ取るしかない。今季は「ベストを尽くして出場機会を得られるような環境を作ることと、そういう環境を得ることにもこだわりたい」と意気込む。

「そのなかでもっと成長していきたいし、それを代表にも還元していきたいので頑張らないといけないシーズンになる」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top