BMW 3シリーズ 次期型をスクープ…ライバルはテスラ!? 初のEVは航続500km | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

BMW 3シリーズ 次期型をスクープ…ライバルはテスラ!? 初のEVは航続500km

新着 製品/用品

BMW 3シリーズ 次期型 スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 次期型 スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 次期型 スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 次期型 スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 次期型 スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 次期型 スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 次期型 スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 次期型 スクープ写真
  • BMW 3シリーズ 次期型 スクープ写真
BMWの主力4ドアセダン『3シリーズ』次期型の姿をスクープ。初めてプロダクション・ヘッドライトを装着した状態で捉えることに成功した。

その表情からは、今後BMWのデザイントレンドとなる鋭く釣り上がるヘッドライト、より角ばったイカリング、LEDデイタイムランニングライトバーなどが確認出来る。ワイドになったキドニーグリルはその存在感を増している。ただし奇妙にカッティングされたボンネットフードはカモフラージュで、最終デザインはまだ隠されているようだ。

テールライトはトランク開口部で切れているように見えるが、恐らくこれもカモフラージュ。市販型では、現行モデル同様のワイドなデザインが採用されるだろう。

次期型には「CLAR」プラットフォームを採用、100kg近い軽量化が図られると共に、ホイールベースを延長、居住性がアップしトランク容量も拡大する可能性がある。

パワートレインは最高出力248psを発揮する2リットル直列4気筒エンジン、最高出力340psを発揮する3リットル直列6気筒エンジン、2リットル直列4気筒エンジンとモーターを組み合わせるPHVがラインナップ。ハイライトは、80kWh以上の大容量バッテリーを搭載し航続距離500kmと噂されるEVの登場だ。

3シリーズは、これまでメルセデスベンツ『Cクラス』、アウディ『A4』などをライバルとしてきたが、今後はテスラ『モデル3』とも勝負できるモデルへと進化する。

ワールドプレミアは2018年ジュネーブモーターショー以降が有力だが、2017年9月のフランクフルトモーターショーでサプライズがあるかも知れない。EVの登場は2019年以降になるだろう。
《子俣有司@Spyder7@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top