BMWの新型FFコンパクトは「2シリーズ グランクーペ」…2021年登場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

BMWの新型FFコンパクトは「2シリーズ グランクーペ」…2021年登場

新着 製品/用品

BMW 2シリーズ グランクーペ スクープ写真
  • BMW 2シリーズ グランクーペ スクープ写真
  • BMW 2シリーズ グランクーペ スクープ写真
  • BMW 2シリーズ グランクーペ スクープ写真
  • BMW 2シリーズ グランクーペ スクープ写真
  • BMW 2シリーズ グランクーペ スクープ写真
  • BMW 2シリーズ グランクーペ スクープ写真
  • BMW 2シリーズ グランクーペ スクープ写真
  • BMW 2シリーズ グランクーペ スクープ写真
BMWが現在開発している、新型4ドアクーペ『2シリーズ グランクーペ』の市販型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。メルセデスベンツ同様に、コンパクトモデルのラインナップを拡大する戦略が見えてくる。

プラットフォームには、『2シリーズ グランツアラー』やMINIと同様の「UKL」を採用、4WDの「xDrive」オプションが付いたFFモデルとなる。『1シリーズ』のセダンでもなければ、『3シリーズ』の小型版でもない、独自のフロントマスクを持つスタイリッシュな4ドアクーペとなるだろう。

ボディサイズは全長が「2シリーズ グランツアラー」とほぼ同じ4.5mと予想される。メルセデス『CLA』が直接のライバルとなるだろう。パワートレインは、1.5リットル直列3気筒エンジン、2リットル直列4気筒エンジン、ハイブリッドのラインアップが予想されるが、直列6気筒の「M」は今のところ計画されていないようだ。

ワールドプレミアは2021年。これから4年の歳月をかけ成熟されるだろう。
《子俣有司@Spyder7@レスポンス》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top