ボッシュ、日本の電動自転車用アシストユニット市場に参入 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ボッシュ、日本の電動自転車用アシストユニット市場に参入

新着 製品/用品

ボッシュ、日本の電動自転車用アシストユニット市場に参入
  • ボッシュ、日本の電動自転車用アシストユニット市場に参入
ボッシュは、日本の電動自転車用アシストユニット市場に2017年より参入する。

同社の電動アシスト自転車用ユニット「Bosch eBike Systems(ボッシュ・イーバイクシステム)」は、ヨーロッパで約70もの自転車ブランドに搭載されており、現在ではアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドとマーケットを拡大している。

日本市場へは、アジアパシフィック市場へのさらなる拡大のため参入。日本では、電動アシスト自転車用ユニットシリーズの中から、日常利用を目的としたBosch eBike Systems最新シリーズ「Active Line Plus」を搭載した輸入自転車ブランドを展開する予定だ。

Active Line Plusは、Drive Unit(モーター)、PowerPack 300(バッテリー)、Intuvia(ディスプレイ)、Charger(チャージャー)がセットになった電動アシスト自転車用システムとなる。2017年10月に開催される第45回東京モーターショーにて、日本国内で初めてBosch eBike Systemsを搭載した自転車を出展する。

Bosch eBike Systemsは、楽しくアクティブに自転車を利用する層をターゲットに日本での市場を開拓していく。今後、日本でのサービスパートナーであるIntertec Inc.と共に2017年10月以降、コールセンター、ワランティ対応、スペアパーツの供給、技術サポートなどの販売サポートをBosch eBike Systemsを搭載した電動アシスト自転車を販売する店舗に提供する。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top