錦織圭は準決勝敗退、アレクサンダー・ズベレフに敗れる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

錦織圭は準決勝敗退、アレクサンダー・ズベレフに敗れる

スポーツ 短信

シティ・オープン シングルス準決勝で敗退した錦織圭(2017年8月5日)
  • シティ・オープン シングルス準決勝で敗退した錦織圭(2017年8月5日)
  • アレクサンダー・ズベレフ(2017年8月5日)
男子テニスのシティ・オープンは8月5日にシングルス準決勝を行った。第2シードの錦織圭は第5シードのアレクサンダー・ズベレフと対戦し3-6、4-6で敗れた。

2年ぶりの優勝を目指した錦織。だが今季マスターズ初制覇も含む3勝を挙げているズベレフの勢いに飲まれ、第1セット序盤から3ゲーム連続で落としてしまう。その後はサービスゲームをキープしたがズベレフのゲームを破ることはできなかった。

第2セットも序盤にブレークされると追いつくことができず1時間3分で完敗した。


この試合にファンからは、「錦織は深夜まで続いた準々決勝の疲れがあったね」「ズベレフの若さあふれるテニスは見ていて楽しかった」「ズベレフもまだムラはあるがハマったときは上位に迫るポテンシャルあるのが分かった」「ズベレフは近いうちにトップまで駆け上がるのではないか」などの声が寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top