西武、菊池雄星が圧巻の14奪三振で完封…楽天は打線が振るわず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武、菊池雄星が圧巻の14奪三振で完封…楽天は打線が振るわず

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武は7月7日、Koboパーク宮城で楽天と対戦。先発の菊池雄星投手が9回を投げて14奪三振の圧巻の投球を見せ、5-0で完勝した。

西武は0-0で迎えた3回表、浅村栄斗内野手の適時二塁打などで2点を先制すると、6回表には1死満塁の好機で、外崎修汰外野手が適時打を放ち3-0とリードを広げる。さらに満塁の好機を作ると、炭谷銀仁朗捕手が犠飛を放つなど打線がつながり5-0とした。

投げては、先発の菊池が楽天打線から14個の三振を奪う快投を見せ、完封勝利を飾った。敗れた楽天は菊池の前に為す術がなく、打線はわずか5安打と振るわなかった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top