西武、栗山巧が劇的サヨナラ弾…粘るソフトバンクにトドメ「この勝ちは大きい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武、栗山巧が劇的サヨナラ弾…粘るソフトバンクにトドメ「この勝ちは大きい」

スポーツ 短信
野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
西武は5月21日、メットライフドームでソフトバンクと対戦。指名打者・栗山巧のサヨナラ弾により、7-6で劇的な勝利を飾った。

西武は初回、中村剛也内野手の内野ゴロの間に1点を先制すると、3回裏には浅村栄斗内野手のソロ本塁打などで3点を追加。4-0とリードを広げた。

その後、ソフトバンクに逆転されて4-5で迎えた6回裏には、走者三塁の場面で浅村が犠飛を放って同点とし、8回裏には炭谷銀仁朗捕手のソロ本塁打により6-5と勝ち越しに成功した。

それでも粘るソフトバンクは、土壇場で松田宣浩内野手のソロ本塁打で6-6と試合を振りだしに戻すが、9回裏に西武は栗山が今季第3号となる一発を放ち、試合を決めた。

西武ファンからは、「さすが栗山選手!愛してるぜ!」「栗山ナイスバッティング!」「今日の試合は鳥肌ですわぁ」「ナイス!この勝ちは大きいぞ」「今日の1勝は価値ある。松田のホームランで追いつかれたときでも、負ける気がしなかった」など、歓喜の声が多数寄せられていた。

《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top