横浜FM、先制するも追いつかれ引き分け…齋藤学は負傷交代 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

横浜FM、先制するも追いつかれ引き分け…齋藤学は負傷交代

スポーツ 短信

サッカーボール イメージ
  • サッカーボール イメージ
明治安田生命J1リーグ第12節が5月20日に行われた。横浜F・マリノスはホームでベガルタ仙台と対戦。前半終了間際に先制するが後半に追いつかれ1-1で引き分けている。

攻撃の連携がうまくいかない横浜FM。この試合でも前半からチグハグな攻めを見せて仙台にプレッシャーをかけられない。だが守備陣の奮闘で何度となく決定機をしのぎ切ると、前半46分に前田直輝がゴールネットを揺らす。

仙台のパスをカットしたマルティノスが素早く前線にパスを送り、右サイドから完全に抜け出した前田が中に切り込んでシュート。GKとの1対1を冷静に制した。

後半に入って徐々にペースをつかみ始める横浜FM。だが28分に齋藤学が負傷交代すると、同32分にセットプレーから大岩一貴に同点ゴールを許し苦しくなる。だが最後まで追加点は与えなかった横浜FM。引き分けで勝ち点1を得ている。

「自分たちがゲームをコントロールできなかったというところが非常に残念です」と話すのは、横浜FMのエリク・モンバエルツ監督。コントロールできなかった要因は攻撃のバリエーションが少ないことではないかと質問され、「それが必ずしも原因とは言えない。今日うまくいってなかったところは、我々がボールを奪ってから最初のところ、ビルドアップの部分だった」とコメントした。


勝ちを逃したチームにファンからは、「とても上を目指せる内容じゃない」「融合できない。個人技が抑えられてる」「神奈川ダービーも期待できない」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top