レアルのジダン監督、リーガ制覇にラストスパート「ポジティブな姿勢で臨む」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

レアルのジダン監督、リーガ制覇にラストスパート「ポジティブな姿勢で臨む」

スポーツ 短信

レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督(2017年5月6日)
  • レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督(2017年5月6日)
リーガ・エスパニョーラ第21節の試合が5月17日に行われる。勝ち点を獲得すれば優勝に近づくレアル・マドリード。敵地でのセルタ戦を前にジネディーヌ・ジダン監督が会見した。

現在のリーガ・エスパニョーラはレアルとバルセロナが勝ち点87で並んでいる。だが未消化試合はレアルのほうが1試合多く、この試合で勝利できれば優勝に大きく近づく。

「あと2試合が残っている。ふたつの決勝戦のようなものだ。フィジカル面ではチーム全員が素晴らしい状態にある。明日の試合が早く始まってほしい」

プレッシャーのかかる試合だがジダン監督の顔には笑顔があった。数多くの大舞台を経験してきた指揮官は、残り2試合をポジティブに捉えている。

「非常にポジティブだ。私も選手たちも目の前にあるものに100%集中している。それ以外の何も考えはしない。ポジティブな姿勢で臨む」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top