阪神、大逆転劇の再現ならずも巨人を追いつめる「ただでは負けないところが素晴らしいね」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神、大逆転劇の再現ならずも巨人を追いつめる「ただでは負けないところが素晴らしいね」

阪神は5月10日、東京ドームで巨人と対戦。6連勝中の勢いを随所に見せるも、先発の岩貞祐太投手が巨人打線につかまり、9-7で敗れた。

スポーツ 短信
東京ドーム 参考画像
  • 東京ドーム 参考画像
阪神は5月10日、東京ドームで巨人と対戦。6連勝中の勢いを随所に見せるも、先発の岩貞祐太投手が巨人打線につかまり、9-7で敗れた。

阪神は0-2と2点ビハインドで迎えた2回表、無死二、三塁の好機を作ると、鳥谷敬内野手が犠飛を放って1点を返す。さらに続く好機に糸原健斗内野手が適時打を放って同点とした。

その後、阿部慎之助内野手や坂本勇人内野手に一発を食らうなど2-9と大量リードを奪われるも6回表に反撃開始。走者満塁の好機を作ると、糸原が四球を選び押し出しで1点を返すと、高山俊外野手、北條史也内野手に連続適時打が飛び出し、6-9と3点差に迫る。

さらに9回表には、巨人・守護神のカミネロ投手から中谷将大内野手がソロ本塁打を放ち、7-9とした。しかし、序盤に喫した大量失点はあまりにも重く反撃もここまで。9点差を逆転した広島戦の時のような大逆転劇とはならなかった。

先発の岩貞は、4回を投げて被本塁打4、7失点と乱調だった。





《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top