持ち歩く水「oOho」が来年には販売開始?…マラソン大会の給水に利用か | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

持ち歩く水「oOho」が来年には販売開始?…マラソン大会の給水に利用か

新着 製品/用品
持ち歩く水「oOho」が来年には販売開始?…マラソン大会の給水に利用か
  • 持ち歩く水「oOho」が来年には販売開始?…マラソン大会の給水に利用か
話題の持ち歩く水「oOho」が来年には販売開始か…?

上記の写真のとおり、持ち歩けるというあまりにも画期的な水「oOho」。プラスチック製の容器を減らす目的で、ロンドンにある芸術大学大学院 ロイヤル・カレッジ・オブ・アートに通う3人の生徒により2014年に開発されたこの水は、以前ネットでも大きな話題を振りまいた。

その「oOho」が、1年以内の発売を目指していることが明らかとなった。



水を海藻由来の膜(褐藻から抽出できる、アルギン酸ナトリウムと塩化カルシウムで作られている)で覆った水の球体「oOho」は、食べられるペットボトルのようなものとも例えられてきた。

膜が食べられるのだ。つまり、ゴミを出さなくてもすむため、環境面にも配慮しているといえる。

The water bottle of the future! The @oohowater bottle is made of 100% plant and seaweed material. LINK IN BIO

NOTABLE LIFEさん(@notableca)がシェアした投稿 -




ひとつの球体には、約250mlの液体を入れることが可能。そのまま飲み込んでもよし、吸ってもよし、噛んでもよし…と飲み方はさまざま。マラソン大会での水分補給などには最適だ。事実、マラソン大会での発売を目指しているという。




クラウドファンディングで約5500万円の資金調達に成功しているとのことで、1年以内に販売する計画が進められている。どうやら販売に向けて順調なようだ。マラソン大会はもちろん、幅広い用途で使われることが楽しみだ。
記事提供:FUNDO
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top