中村俊輔が目の前でキックを放つ…トップアスリートが“スゴ技”披露 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中村俊輔が目の前でキックを放つ…トップアスリートが“スゴ技”披露

イベント スポーツ

アディダスの『YOUNG ATHLETES CHALLENGE』に登壇した中村俊輔。子供にボールをプレゼント(2017年4月3日)
  • アディダスの『YOUNG ATHLETES CHALLENGE』に登壇した中村俊輔。子供にボールをプレゼント(2017年4月3日)
  • アディダスが『YOUNG ATHLETES CHALLENGE』を開催。トップアスリートがトークショー(2017年4月3日)
  • アディダスが『YOUNG ATHLETES CHALLENGE』を開催(2017年4月3日)
  • アディダスの『YOUNG ATHLETES CHALLENGE』に登壇した流大(2017年4月3日)
  • アディダスの『YOUNG ATHLETES CHALLENGE』に登壇した流大(2017年4月3日)
  • アディダスの『YOUNG ATHLETES CHALLENGE』に登壇した野中生萌(2017年4月3日)
  • アディダスの『YOUNG ATHLETES CHALLENGE』に登壇した野中生萌(2017年4月3日)
  • アディダスの『YOUNG ATHLETES CHALLENGE』に登壇した穂積絵莉(2017年4月3日)
Jリーガーの中村俊輔選手(ジュビロ磐田)ら4名のトップアスリートが4月3日、子どもたちの目の前で“スゴ技”を披露した。

この日は味の素スタジアムで5種類のスポーツを子どもが体験できるイベント『YOUNG ATHLETES CHALLENGE』が開催。スペシャルゲストとして中村選手、ボルダリングの野中生萌(みほう)選手、ラグビーのサントリーサンゴリアスに所属する流大(ながれ ゆたか)選手、テニスの穂積絵莉選手が招かれた。

●関連記事:中村俊輔らトップアスリートが“挑戦”を語る…アディダス『YOUNG ATHLETES』を発足

最初にスゴ技を見せたのは流選手。トップリーグと日本選手権で二冠を達成したチームでスクラムハーフを担い、仲間に的確なパスをつないでいる。この日もラグビーボールを手に取ると、「回転をかけることで風の抵抗をなくしてまっすぐ飛ばします。風上や風下を計算してボールの投げ方を変えています」とパスを披露。

流大選手。少年時代はラグビーとサッカーを掛け持ちしていました。
下から投げるのって難しそうですが、さすがです。

次は野中選手だ。角度のある壁をホールドに手をかけ登っていくボルダリングでは体の柔軟性も重要になる。用意された足場に両足を乗せるとスッと開脚。180度に綺麗に広がった野中選手の足に会場からは一瞬の静寂に続いて「…おぉ~」とどよめきが漏れる。柔らかさの秘訣は「毎日ストレッチすることですね」と笑う。

野中生萌選手。ボルダリング界では世界レベルの実力の持ち主です。
この柔軟性とパワフルな登りでどんな壁にも挑んでいます。

穂積選手はテニスラケットのフレームを使ったラケットリフティングを見せてくれた。「私は最高300回ぐらいですが、トップ選手でも5回で終わっちゃう人もいます」と話す姿に、同じくリフティングを予定していた中村選手は「今の見たらちょっと…。キックに変えていいですか?」と苦笑い。

ラケットリフティングをする穂積絵莉選手。2017年は全豪オープンシングルスで本戦出場とダブルスでベスト4!
シューズはコートの切り返しで安定感があるものを選んでいるそうです。

司会者を悩ませながらも希望が通り、中村選手はキックを2本放つ。フリーキックの名手として知られる中村選手のキックに会場も大喜びだ。緩やかにカーブを描いたボールに拍手が湧いた。

2017年から新天地のジュビロ磐田で活躍する中村俊輔選手。




後ろで見ている流選手は、サッカーゲームで中村選手をセレクトして使っていたこともあるそうです。イベント後に一緒に参加できたことを「すごく新鮮でした」と教えてくれました。

中村選手はスパイクへのこだわりにも触れ、「蹴っているうちに形が変わってくるので替えが効かなかったりします。(キックの癖で)全身の重心が掛かったりすると、右のアウトサイドが出てきたり、ボールを同じ所ばかりで蹴っているとそこがスレてくるので足に伝わりやすくなります。御守のようになってきます」と話す。自分で磨くことで愛着も増すという。

フリーキックは「この辺(指で示している辺り)で擦り上げるように蹴っています」と中村選手。

また、会場の子どもから「今までで一番辛かったことは何ですか?」と質問が投げかけられた。

「テニスは転戦が多いのですが最初はお金がない。ひとりで遠征に行くのが結構辛かったですね」と穂積選手がリアルな話をすると、流選手は「僕は大学で1年生~4年生まで4回日本一になりました。サントリーでも日本一になるために入ったのですが、1年目は9位で自分も試合に出られなかったことが辛かったです」と初年度を振り返る。

野中選手は「成長期になると身長が伸びたり、筋肉が増えたりしますが、頭の中のイメージと実際の自分の動きのズレがあったときは辛かったです」と語り、中村選手は「ワールドカップのメンバーに落ちたときですね」と続いた。

「でも、そういう悔しいことをバネにすれば、より高みに行けます」

そう締めくくる中村選手に、“挑戦者”としてこれから世の中のさまざまなことにチャレンジする子どもたちは熱い視線を送っていた。

《五味渕秀行》

編集部おすすめの記事

page top