【WBC2017】侍ジャパン・菊池涼介、死球にヒヤリも…2試合連続3安打と絶好調 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】侍ジャパン・菊池涼介、死球にヒヤリも…2試合連続3安打と絶好調

スポーツ 短信
侍ジャパン・菊池涼介が2試合連続3安打(2017年2月28日)
  • 侍ジャパン・菊池涼介が2試合連続3安打(2017年2月28日)
  • 侍ジャパン・菊池涼介が2試合連続3安打(2017年2月28日)
  • 侍ジャパン・菊池涼介が攻守で躍動(2017年2月28日)
野球日本代表・侍ジャパンは2月28日、福岡ヤフオク!ドームで台湾プロ野球選抜と壮行試合で対戦。投手陣が17安打8失点と崩壊し、5-8で敗れた。

投打にほとんどいいところがなく敗れたが、収穫は好調を維持している菊池涼介内野手(広島)だ。25日に行われたソフトバンクとの練習試合で、沈黙した打線の中で3安打とひとり気を吐いた菊池。この日も2番・二塁で先発出場を果たすと、初回の第1打席で初球をたたいて二塁打。筒香嘉智外野手(DeNA)の適時二塁打でホームに生還した。

7回裏には走者二、三塁の好機で打席に立つと、右中間を深々とやぶる適時打を放ち快足を飛ばして三塁へ到達。続く打席では初球をたたいて右翼へ流し打つ技ありの二塁打。WBC本番の先発出場に向けて強烈なアピールとなった。

途中、手に死球を受ける場面があり一瞬ヒヤリとしたが、その後もプレーを続行。守備では難しい打球を軽快な動きで処理するなど死球の影響を感じさせなかった。

二塁を争う山田哲人(ヤクルト)は1番・DHで出場。タイミングが合わずに空振り三振を喫するなど、この日は快音が聞かれなかった。

日増しに攻守で存在感を増していく菊池。3月2日に青木宣親外野手(ヒューストン・アストロズ)が合流し、直前の阪神とオリックスとの練習試合では上位打線を組み替えることが示唆されているが、菊池を外す理由は見当たらない。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top