【WBC2017】侍ジャパン、打線振るわずソフトバンクに完封負け…練習試合 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】侍ジャパン、打線振るわずソフトバンクに完封負け…練習試合

スポーツ 短信
野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
野球日本代表・侍ジャパンは2月25日、サンマリン宮崎でソフトバンクと練習試合で対戦。打線がわずか4安打と振るわず、0-2と完封負けを喫した。

侍ジャパンは初回、2番に入った菊池涼介内野手(広島)の安打で好機を作ると、4番・筒香嘉智外野手も安打で続き好機を拡大。しかし、期待された5番・中田翔内野手(日本ハム)が内野ゴロで無得点。以降もソフトバンクの投手リレーの前になす術がなく、今後に不安を残した。

投げては、先発の武田翔太投手(ソフトバンク)が3回を投げて1死球無失点の好投。6回に登板した藤浪晋太郎投手(阪神)、8回に登板した平野佳寿投手(オリックス)はそれぞれ1回を無失点で抑える安定した投球を見せて首脳陣を安心させた。

また、この試合で内川聖一外野手(ソフトバンク)が交錯し右肩を負傷。途中交代した。

投手陣は全体的にまずまずの仕上がり具合を見せつつも、好機をほとんど作れなかった打線に不安を残した。

《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top