レアルが痛恨の黒星、開始10分の2失点にジダン監督も落胆「様々な部分が足りなかった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

レアルが痛恨の黒星、開始10分の2失点にジダン監督も落胆「様々な部分が足りなかった」

スポーツ 短信
レアル・マドリード対バレンシア(2017年2月22日)
  • レアル・マドリード対バレンシア(2017年2月22日)
  • レアル・マドリード対バレンシア(2017年2月22日)
  • レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督 参考画像(2016年10月15日)
レアル・マドリードは2月22日、未消化だったリーガ・エスパニョーラ第16節バレンシア戦を行い1-2で敗れた。前半10分までに2失点した試合にジネディーヌ・ジダン監督もおかんむりだった。

開始4分でシモーネ・ザザに見事なボレーシュートを決められたレアル。5分後には敵陣でボールを失い、素速いカウンターから一気にゴールネットを揺らされてしまう。対するレアルも前半44分、左サイドのマルセロが送ったクロスにクリスティアーノ・ロナウドが頭で合わせて1点を返した。

1-2で折り返したレアルは後半17分、ハメス・ロドリゲスに代えてガレス・ベイルを投入。3ヶ月ぶりの"BBC"そろい踏みで勝ち点獲得を目指したが追いつけなかった。

試合後の会見でジダン監督は「最初の10分で敗れた」と話し、集中しきらないまま試合に入った立ち上がりを悔やんだ。

「ボール扱いの面は本当に良い形でスタートできて、良いサッカーができていたしゴールを奪えるチャンスもあった。だが決めきることができず相手に2点目を決められてしまった。反撃の時間は80分間あり実際に反撃もしたが、今日は様々な部分が足りなかった。だが、サッカーはそういうものだ」

消化ゲームが2試合少ない状況で2位のバルセロナに勝ち点1ポイント差のレアル。2試合とも勝って勝ち点6を積み上げれば首位固めは盤石だっただけに、「勝ち点獲得のチャンスを生かせなかった。自分たちの責任だ。何も言い訳はできない」とジダン監督の表情も険しかった。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top