ニックネームを呼ばれるとキュンとする男性が多数…ニックネームに関する調査 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ニックネームを呼ばれるとキュンとする男性が多数…ニックネームに関する調査

ライフ 社会

ニックネームを呼ばれるとキュンする男性が多数…ニックネームに関する調査
  • ニックネームを呼ばれるとキュンする男性が多数…ニックネームに関する調査
  • ニックネームを呼ばれるとキュンする男性が多数…ニックネームに関する調査
  • ニックネームを呼ばれるとキュンする男性が多数…ニックネームに関する調査
  • ニックネームを呼ばれるとキュンする男性が多数…ニックネームに関する調査
  • ニックネームを呼ばれるとキュンする男性が多数…ニックネームに関する調査
  • ニックネームを呼ばれるとキュンする男性が多数…ニックネームに関する調査
  • ニックネームを呼ばれるとキュンする男性が多数…ニックネームに関する調査
  • ニックネームを呼ばれるとキュンする男性が多数…ニックネームに関する調査
江崎グリコは、「ニックネームに関する調査」「バレンタインデーの友達用チョコ・義理チョコに関する調査」を行い、その結果を発表した。調査対象は20~30代の女性250名、男性250名。

「贈ろう 改名ポッキーキャンペーン」を展開中の同社は、「改名ポッキー」がバレンタインデーのプレゼントにもぴったりということから調査を実施。ニックネームやバレンタインデーを取り巻く事情を調べた。

まず男性に、「女性からされたらドキッとする仕草」について尋ねた。その結果、トップ3は「ボディタッチ」67.2%、「目があったとき」37.6%、「いい匂いがしたとき」34.8%だった。「ニックネームで呼ばれたとき」も18%が占めており、身だしなみや仕草に加え、会話などにニックネームを挟んでいくことでより相手をドキドキさせることができることが明らかになった。

続いて、「女性からニックネームで呼ばれると、どのように感じるか」を尋ねたところ、70.4%が「心の距離が近づいたと感じる」と回答。「とても心の距離が近づいたと感じる」も17.6%が回答しており、ニックネームで相手の名前を呼ぶことは、かなり有効だと言えそうだ。「ニックネームで名前を呼ばれてキュンとした経験」については、過半数が「ある」と回答している。

次に、「女性からニックネームで呼ばれて不快に感じた経験」を尋ねた。その結果、30.4%が「ある」と回答。「不快に感じた理由」のトップ3は、1位「馴れ馴れしいと感じた」38.2%、「なんとなくイラッとした」と「バカにしたようなニックネームだった」が34.2%と同率2位だった。ニックネームを呼ぶ際は、「自然に」「適切なタイミングで」呼ぶことが重要だと言えそうだ。

バレンタインデーに関する調査では、「義理チョコ」「友達用チョコ」をもらったことがあるかを質問。その結果、72%が「義理チョコ」「友達用チョコ」をもらった経験があると回答した。その「クオリティ」については、半数以上の人が「クオリティが低いと感じたことがある」と回答している。クオリティが低いと感じた理由は、「安そうだった」「やっつけ感が出ていた」などが多くを占めていた。

一方、「クオリティが高いと感じたことがあるか」という質問に対しては、68.6%が「ある」と回答。クオリティが高いと感じた理由は、「工夫されているなと感じた」「高そうだった」が多くを占めた。

次に、男女を問わない形でニックネームに関する調査を行った。まず、「ニックネームのつきやすさ」を尋ねたところ、つきやすいと思う人とつきにくいと思う人が、おおよそ半分に分かれた。ニックネームが「一度もついたことがない」は16.8%。ニックネームが付いたことのある人を対象に、「ニックネームで呼ばれると嬉しいか」を尋ねた結果では、87.7%が「嬉しい」と回答している。

続いて、ニックネームがこれまでについたことがない人を対象に、「名前・名字、どちらが理由でニックネームがつきにくいと思うか」を尋ねた。その結果、約67%が「名前」と回答。その名字・名前を聞いてみると、どちらも比較的よく見る名前にニックネームがつきにくい傾向が見られた。

「贈ろう 改名ポッキーキャンペーン」では、期間限定の10種類の特別パッケージや「ポッキー改名画像メーカー」を公開している。「ポッキー改名画像メーカー」では、LINEのポッキー公式アカウントを使ってポッキーのパッケージの文字を自由に変更できる。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top