コナミスポーツクラブ体操競技部、山室光史がキャプテンに就任 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

コナミスポーツクラブ体操競技部、山室光史がキャプテンに就任

スポーツ 選手

山室光史 参考画像(2016年8月6日)
  • 山室光史 参考画像(2016年8月6日)
  • 山室光史 参考画像(2016年5月17日)
  • コナミスポーツクラブ体操競技部、山室光史がキャプテンに就任
  • コナミスポーツクラブ体操競技部、副キャプテンの田中佑典
  • コナミスポーツクラブ体操競技部、キャプテンの白井勝太郎
  • コナミスポーツクラブ体操競技部、2017年度入社予定の星野力維
  • コナミスポーツクラブ体操競技部、2017年度入社予定の神本雄也
  • コナミスポーツクラブ体操競技部、2017年度入社予定の鈴木湧
コナミスポーツクラブは、2020年に向け、コナミスポーツクラブ体操競技部の新体制を発表した。

新キャプテンには、リオオリンピック体操団体で金メダルを獲得した山室光史が就任。副キャプテンには、同じく体操団体金メダリストの田中佑典、2014年に開催された第17回アジア競技大会で団体金メダルを獲得した白井勝太郎の2名が就任した。

また新戦力として来春、日体大の神本雄也と鈴木湧、筑波大の星野力維の3名が社員として入社する。育成・指導は、監督の加藤裕之をはじめとするコーチ陣が行う。練習拠点は、同社所有の体操競技専用体育館。

キャプテンに就任した山室は、「素晴らしい監督とコーチのもとで、キャプテン、そして選手として自分に出来ることに全力で取り組み、応援いただいている全国の皆さんや関係者の皆さん、コナミグループの仲間たちの期待に応えられるよう頑張ります」とコメントしている。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top