ケルンは引き分けで4試合勝利なし…大迫勇也がトップ下でフル出場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ケルンは引き分けで4試合勝利なし…大迫勇也がトップ下でフル出場

スポーツ 短信
大迫勇也 参考画像(2016年11月11日)
  • 大迫勇也 参考画像(2016年11月11日)
ドイツ・ブンデスリーガ第15節が12月17日に行われ、大迫勇也の所属するFCケルンは敵地でヴェルダー・ブレーメンと対戦し、1-1で引き分けた。トップ下で先発した大迫はフル出場している。

ケルンは前半28分、味方のパスに反応してアントニー・モデストが抜け出し、GKとの1対1からシュート。弾かれたボールをアルチョムス・ルドネフスが押し込み先制した。

しかし、その後はブレーメンの時間帯が続き前半40分、セルジュ・ニャブリのミドルシュートで追いつかれた。

1-1で迎えた後半は互いに惜しいシーンを作るも点が入らず、ケルンは引き分けで4試合続けて勝利を逃した。

攻守にわたって奮闘した大迫は試合後、ブンデスリーガ公式サイトのインタビューに応じ、「チーム状況がチーム状況なので仕方ない」とトップ下での出場を振り返った。

「これだけケガ人がいると、前にいてもなかなかボールが来ないので、今は我慢の時かなと思います。ただ、ああやって後半に1本チャンスが来たわけですから、中盤をやりながらもあそこでしっかりと仕留めることを考えておかなきゃいけないですね」

後半20分にはエリア手前からゴールを狙った大迫。枠をとらえきれなかったシュートに、「狙い済まして左足で打ちましたけど、ちょっとズレましたね」とコメントしている。

シーズン序盤の勢いに陰りが見えるケルン。次節は21日にホームでバイヤー・レバークーゼンと対戦する。今度こそ白星なるか。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top