サッカー日本代表・酒井宏樹のマルセイユ本拠地でツール・ド・フランスとラグビー開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカー日本代表・酒井宏樹のマルセイユ本拠地でツール・ド・フランスとラグビー開催

スポーツ 短信
ユーロスポーツフランスによりヨーロッパの美しいスタジアムに認定されているオランジュ・ベロドローム
  • ユーロスポーツフランスによりヨーロッパの美しいスタジアムに認定されているオランジュ・ベロドローム
  • サッカー日本代表の酒井宏樹 参考画像(2016年11月11日)
  • 12月にはマルセイユ観光会議局の局長らが来日し取材に応じてくれた
  • マルセイユの観光名所であるビューポール(旧港)
  • マルセイユの観光名所であるビューポール(旧港)
  • 断崖絶壁の続くカランク国立公園
  • サッカー日本代表・酒井宏樹のマルセイユ本拠地でツール・ド・フランスとラグビー開催
  • マルセイユ観光会議局のマキシム・ティソ局長
2017年はフランス・マルセイユでスポーツの国際大会が目白押し。今年12月のフィギュアスケートGPファイナルに続き、ラグビーのフランスリーグ「トップ14」準決勝、ツール・ド・フランス最終日前日の個人タイムトライアルなどが行われる。

サッカーファンなら日本代表DF酒井宏樹が所属するリーグ1(アン)のオリンピック・マルセイユをすぐに思い浮かべるはずだ。オリンピック・マルセイユはフランスで最多タイトルを誇る伝統あるプロサッカーチームだが、同チームが本拠地としているマルセイユのオランジュ・ベロドロームが大活躍する。

オランジュ・ベロドロームは収容人数6万7000人。1998年ワールドカップ(W杯)フランス大会の決勝が行われたパリ郊外のサンドニ(正式名称スタッドフランス)に次ぐ規模を誇る。1938年W杯のために1935年に着工して1937年に竣工。1998年W杯に向けて規模を拡張し、さらには2016年のUEFA欧州選手権のために全面改修された。

多目的スタジアムでサッカーやラグビーの試合のほか、ミュージシャンのコンサートや企業イベントなども開催されている。

マルセイユの観光名所であるビューポール(旧港)

2017年5月26日・27日には、このスタジアムでラグビーのトップ14準決勝2試合が開催。そして7月22日にはツール・ド・フランス第20ステージのスタートとゴール地点となる。パリにゴールする前日で、個人総合優勝を確実にする個人タイムトライアルがマルセイユの中心街で行われる。スタジアムは一般に無料開放されるという。

ちなみに「ベロドローム」とはフランス語で自転車競技場のことだ。「サッカー場なのになんでベロドロームなの?」と来日したマルセイユ観光会議局のマキシム・ティソ局長に聞くと、かつては複合施設で自転車走路もあったからだという。

オランジュ・ベロドロームはガイドツアーもあって見学が可能。所要時間1時間15分で、大人は13ユーロ(約1700円)、6~12歳は8ユーロだ。
《山口和幸》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top