阪神・メッセンジャー、7回3失点の好投でDeNAに快勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神・メッセンジャー、7回3失点の好投でDeNAに快勝

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
阪神は6月28日、甲子園球場でDeNAと対戦。先発のメッセンジャー投手がDeNA打線を7回3失点の抑える好投を見せ、5-3で勝利した。

3回裏、阪神はゴメス内野手の内野ゴロの間に1点を先制すると、続く好機に西岡剛内野手が適時打を放ってリードを広げる。4回裏にはゴメスらの適時打で2点を追加して試合の主導権を握った。

メッセンジャーは6回に3点を喫するも、後を継いだ藤川球児投手、ドリス投手が無失点に抑えて逃げ切った。対するDeNAは、先発の山口俊投手が序盤に崩れるなど試合を作れなかった。


連敗を脱出した阪神。ファンからは久々の勝利に安堵する声が挙がっていた。





《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top