広島、怒涛の8連勝…阪神・福留孝介が通算2000本安打達成 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島、怒涛の8連勝…阪神・福留孝介が通算2000本安打達成

スポーツ 短信

Copyright(C) 2016 STATS Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • Copyright(C) 2016 STATS Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
  • 野球ボール イメージ
広島は6月25日、マツダスタジアムで阪神と対戦。先発の岡田明丈投手がプロ入り初勝利を挙げる活躍を見せ、4-2で勝利した。広島は怒涛の8連勝を飾った。

広島は3回裏、無死満塁の好機を作ると、ルナ内野手が適時打を放って幸先よく先制。続く新井貴浩内野手にも犠飛が飛び出すなど、一挙3点を奪う。投げては、岡田が阪神打線を相手に7回2失点の好投を見せ、勝利に貢献した。阪神の反撃は、7回に中谷将大外野手の本塁打で2点を返すにとどまった。

また、この試合で阪神の福留孝介外野手が史上47人目の2000本安打を達成し、鳥谷敬内野手から記念ボードを受け取るなど祝福された。

これに対して、「広島の連勝がどこまで伸びるか楽しみになってきたぞ」「阪神打線何やっとんねん。こんなんしてたらあかんで」「岡田がナイスピッチングしたし、次から次へとヒーローが出てくる。本当に優勝しそうな雰囲気を持っている」「ドメさん2000本おめでとう!!若手はもっと頑張らな!」など、広島の強さに言及するファンの声が相次いでいた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top