広島、鈴木誠也が2試合連続サヨナラ弾…オリックスは平野佳寿が誤算 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島、鈴木誠也が2試合連続サヨナラ弾…オリックスは平野佳寿が誤算

スポーツ 短信

Copyright(C) 2016 STATS Japan Co.,Ltd.
  • Copyright(C) 2016 STATS Japan Co.,Ltd.
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
広島は6月18日、マツダスタジアムでオリックスと対戦。鈴木誠也外野手が2試合連続となるサヨナラ弾を放ち、4-3で勝利。広島は5連勝を飾った。

広島は1-3と2点ビハインドで迎えた9回裏、1死一、三塁の好機を作ると、鈴木が起死回生の3点本塁打を放って2点差を逆転。2試合連続のサヨナラ弾という離れ業で、劇的なサヨナラ勝利に貢献した。オリックスは、守護神・平野佳寿が2点差を守り切れずにまさかの敗戦を喫した。

これに対して、「誠也~!ありがとう!この2試合は誠也のおかげで勝てた!本当に感謝!」「守備はすごかったけど、打撃でこれだけ開花するとは!侍ジャパン入りもあるんじゃないか!?」「すげー!2試合連続サヨナラ弾とかありえない!感動した!」など、鈴木のサヨナラ弾に歓喜する広島ファンの声が多く寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top