広島・野村祐輔、雨中で粘ってハーラー首位の8勝目「最高です!」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島・野村祐輔、雨中で粘ってハーラー首位の8勝目「最高です!」

スポーツ 選手

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
広島は6月16日にマツダスタジアムで西武と対戦し6-0で勝利した。広島先発の野村祐輔投手は制球に苦しんだが、6回を投げて6安打無失点、3奪三振、4四球でハーラー単独トップの8勝目を挙げている。

今季ここまで好調が続く野村。しかし、この試合は制球に苦しみ、初回から安打と四球で毎回走者を背負い続ける。五回には1死一、二塁とされ浅村栄斗を打席に迎える。ピンチで怖い打者との勝負だったが、野村はシュートで三振を奪い切り抜けた。

六回は三者凡退に抑えた野村。10残塁という西武の拙攻にも助けられ8勝目をマークした。

冷たい雨が降りしきるなかでの勝利にファンからは、「今年はノムスケに最多勝争いしてもらいたいな」「野村はマエケンの穴を埋めたな」「マエケン抜けて俺がやらなきゃ!て危機感持ったのかな」「150キロを超える速球があるわけではないし、圧倒的に抑えるイメージでもないんだけど、とにかく負けないのが今年の野村」との声が寄せられている。

ヒーローインタビューでハーラー単独トップの8勝目について聞かれた野村は、「ありがとうございます。最高です!」とスタンドの歓声に応えた。

浅村を三振に切って取った場面は、「あそこは気持ちで行くしかなかった。抑えられて良かった」と話している。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top