ジョコビッチが初戦勝利、ウィンブルドン3連覇に好発進 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジョコビッチが初戦勝利、ウィンブルドン3連覇に好発進

スポーツ 短信

ノバク・ジョコビッチ 参考画像(2016年6月27日)
  • ノバク・ジョコビッチ 参考画像(2016年6月27日)
  • ノバク・ジョコビッチ 参考画像(2016年6月27日)
男子テニス世界ランク1位のノバク・ジョコビッチは6月27日、ウィンブルドン1回戦で177位のジェームズ・ウォードと対戦し6-0、7-6、6-4で勝利した。年間グランドスラムを目指すジョコビッチは、大会3連覇に向け好発進を切っている。

組み合わせ抽選でジョコビッチとの対戦が決まったあと、思わず悪態をついてしまったというウォード。なんて面倒なことになってしまったんだと嘆く彼は、第1セットを1ゲームも取れず落としてしまう。

だが第2セットで巻き返しタイブレークに持ち込むと、イングランド出身の彼には客席から大きな声援が飛んだ。最後は力尽きたが健闘を見せたウォードにジョコビッチも、「彼は第2セット、第3セットでプレーが良くなった。彼を倒すのは難しかったよ」とコメントしている。

初戦を危なげなく勝利したジョコビッチにファンからは、「ジョコビッチ年間ゴールデンスラムあり得るな」「ジョコビッチが強すぎる」「スタミナ無尽蔵のジョコビッチは、グランドスラム5セットマッチでこそ強さを発揮する」「ナダルが欠場、フェデラーは故障明け。マレーしか止められそうなのがいない」「男子初の年間ゴールデンスラム達成して欲しい」など期待の声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top