日本ハム、レアードの決勝打で逆転勝利…不調の中田翔に代打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム、レアードの決勝打で逆転勝利…不調の中田翔に代打

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
日本ハムは6月27日、札幌ドームで西武と対戦。レアード内野手の決勝打により逆転し、8-7で勝利した。

3-7と4点ビハインドで迎えた7回裏、日本ハムは走者一、三塁の好機を作ると、大島匠捕手が犠飛を放って1点を返す。続く満塁の好機には、田中賢介内野手が2点適時打を放って試合を振り出しに戻す。さらにレアードも適時打で続き勝ち越しに成功した。

西武は先発の岸孝之投手が7回に突如として崩れ、8失点を喫した。


試合に勝利した日本ハムだが、不調を理由に代打を送られた中田翔内野手に関するファンの声が多く寄せられていた。






《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top