日本ハム・栗山監督、大谷翔平の自打球にヒヤリ「もっと大きなレガースを」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム・栗山監督、大谷翔平の自打球にヒヤリ「もっと大きなレガースを」

スポーツ 選手

大谷翔平 参考画像(2015年3月21日)
  • 大谷翔平 参考画像(2015年3月21日)
日本ハムは6月19日にナゴヤドームで中日と対戦し3-2で勝利した。日本ハム先発の大谷翔平は8回を投げて2安打無失点、12奪三振、2四死球で6勝目を挙げたが、試合後に栗山英樹監督が話したのは打者・大谷翔平についてだった。

大谷は初回に死球と安打で2死から一、三塁とされるがリカルド・ナニータを三振に切って取る。二回以降も大谷は毎回の奪三振、五回からは中日打線を無安打に抑えた。大谷は「うまくリードをしてもらいながら、長いイニングを投げられました。変化球もよかったですし、ピンチで粘ることができてよかったと思います」と投球内容に満足を示した。

対して試合後の栗山監督が言及したのは四回、大谷の打席で起こった自打球についてだ。5番・投手として打席に入った大谷は右すねに打球を当て、アイシングを施しながら試合を続けた。

栗山監督はヒザ下全体を覆うようなレガースの着用を勧めてきた。誰もが認める中心選手だけに、「(ケガをしたら)みんなに迷惑がかかる」と今後の対応を模索している。

大谷の特殊レガース着用にファンからは、「これは忠告を聞いておくべき。十分な対策をしないで怪我しても本人の責任ということになってしまう」「大きいレガースをして走塁などに影響するなら大谷が正しい。すべてに全力であってほしい」「レガース着けたら感覚変わるのかな。怪我するのは嫌なので着けてほしい」「怪我したらメジャー挑戦もできなくなるぞ」などの声が寄せられている。

気合い #lovefighters #宇宙一を目指せ #大谷翔平 #二刀流 #投手と打者 #両方で出た雄叫び #どっちも譲れない

HOKKAIDO NIPPON-HAM FIGHTERSさん(@fighters_official)が投稿した写真 -

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top