ロッテ、鮮やかな逆転で西武との接戦を制す…鈴木大地が決勝打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテ、鮮やかな逆転で西武との接戦を制す…鈴木大地が決勝打

スポーツ 短信

Copyright(C) 2016 STATS Japan Co.,Ltd.
  • Copyright(C) 2016 STATS Japan Co.,Ltd.
  • 野球ボール イメージ
ロッテは6月24日、前橋で西武と対戦。序盤で4点をリードされたものの、中盤の集中打で鮮やかな逆転。7-6で勝利した。

ロッテは1-5と4点ビハインドで迎えた6回表、走者二塁の好機を作ると、加藤翔平外野手が適時打を放って1点を返す。さらに続く好機に角中勝也外野手やナバーロ内野手の適時打などで逆転に成功。鈴木大地内野手にも適時打が飛び出し、リードを2点に広げた。投げては、先発の石川が5回を投げて5失点も、打線の援護により今季8勝目を挙げた。対する西武は、11安打を放つも、投手陣がリードを守りきれなかった。

ファンからは逆転勝利を果たしたロッテの粘り強さを称賛する声が相次いでいた。




《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top