クーマン監督が激白、サウサンプトン退団は「複数年契約を断られたから」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

クーマン監督が激白、サウサンプトン退団は「複数年契約を断られたから」

スポーツ 短信

クーマン監督 参考画像(2015年3月3日)
  • クーマン監督 参考画像(2015年3月3日)
イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンを任期途中で退団し、同リーグのエヴァートンと新たに契約したロナルド・クーマン監督が就任会見を開いた。

クーマン監督は日本代表DF吉田麻也も所属するサウサンプトンを率い、クラブ史上最高位となる6位で2015-16シーズンを終えている。会見でクーマン監督は、UEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を持つサウサンプトンから、11位に沈んだエヴァートンへの移籍理由を明かした。

「シーズン終了後、サウサンプトンの首脳陣と話した。クラブ側の要求は当初の3年契約の残り1年をまっとうすることだった。それは私にはできなかった。だから私は、『複数年契約を提示してほしい』と言った。しかし、その可能性はなかった。だから私は同意しなかった」

サウサンプトンと契約上の問題を抱えていたとき、エヴァートンから接触があったと話すクーマン監督。サウサンプトン側の許可を得て、エヴァートンと交渉を開始したと語る。

サウサンプトンで過ごした2シーズンについては、「サウサンプトンの皆さんには、ありがとうと言いたい。素晴らしい2シーズンを過ごすことができた。選手たちには感謝している。スタッフにも、そしてファンにも」と謝意を示した。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top