岡崎慎司、4戦ぶり今季3得点目…レスターは敵地でエヴァートンに勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

岡崎慎司、4戦ぶり今季3得点目…レスターは敵地でエヴァートンに勝利

スポーツ 短信

岡崎慎司、4戦ぶり今季3得点目…レスターは敵地でエヴァートンに勝利(c)Getty Images
  • 岡崎慎司、4戦ぶり今季3得点目…レスターは敵地でエヴァートンに勝利(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
12月19日に行われたイングランド・プレミアリーグ第17節、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターは、敵地でエヴァートンと対戦し3-2で勝利した。岡崎はフル出場で決勝点を奪う活躍だった。

岡崎は前半26分、エリア内でラミロ・フネス・モリと競り合って倒されPKを獲得。これをリヤド・マフレズが決め、レスターが先制した。対するエヴァートンも同32分、ゴール前の混戦から最後はロメロ・ルカクが押し込んで同点に追いついた。

1-1で折り返した後半20分、味方のパスに抜け出したジェイミー・ヴァーディが、相手GKティム・ハワードに倒されPKを獲得。これを再びマフレズが決め、レスターは勝ち越しに成功する。

さらにレスターは同24分、敵陣でこぼれ球を拾ったヴァーディから岡崎へパスが通る。岡崎は冷静に左足を振り抜き、今シーズン3得点目を挙げた。終了間際にレスターは1点を返されるも、3-2で逃げ切り単独首位を守った。

2得点に絡んだ岡崎には、「岡崎はMOM級の活躍だった」「今日の勝ちは大きい。選手も疲労が溜まって選手層の厚さが問われ始める時期。ここを乗り切れれば期待できる」「得点も良かったけど、PKをもらった身体の入れ方も巧かった」など、ファンからも絶賛の声が多い。

また、こぼれ球を拾ったヴァーディが岡崎へパスしたことに、「いいパスを通してくれた同僚にも感謝だね」「ヴァーディあそこでよくパスを出してくれた」と、チーム内での良好な関係を感じるファンもいた。

レスターのクリスティアン・フックスは試合後、ツイッターに「このチームが大好きだ。ツリーの一番上にいる。メリークリスマス」と投稿。プレミアリーグ首位で迎えられるクリスマスを喜んだ。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top