ヤクルト、大引啓次が値千金の決勝弾…西武との接戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルト、大引啓次が値千金の決勝弾…西武との接戦を制す

スポーツ 短信

Copyright(C) 2016 STATS Japan Co.,Ltd.
  • Copyright(C) 2016 STATS Japan Co.,Ltd.
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ヤクルトは6月18日、神宮球場で西武と対戦。大引啓次内野手の決勝本塁打により、5-4で接戦をものにした。

ヤクルトは2-4と2点ビハインドで迎えた6回裏、走者二、三塁の好機を作ると、中村悠平捕手が適時打を放って同点とする。勢いに乗るヤクルトは続く7回裏、大引が値千金のソロ本塁打を放ち、これが決勝点となった。投げては3番手のルーキ投手が今季3勝目を挙げた。

これに対して、「西武戦勝ち越し決定!明日も勝って3連勝!」「明日の杉浦選手に期待してます。飯原選手次は頼みます」「すわほ~!暑い中お疲れさまでした!」「相変わらず土曜日休日はライト側外野自由席混んでる」「調子出てきたね!ここから巻き返しといきましょう」など、ヤクルトの連勝を喜ぶファンの声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top