ヤクルト、中村悠平の殊勲打で逆転勝利「決めるしかないと思った」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルト、中村悠平の殊勲打で逆転勝利「決めるしかないと思った」

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ヤクルトは6月14日にソフトバンクと対戦し6-4で勝利した。逆転に次ぐ逆転の接戦を中村悠平の勝ち越し適時打で制し、ローガン・オンドルセクが今季10セーブ目を挙げた。

3-3の同点で迎えた七回、ヤクルトは2番手の成瀬善久が代打の吉村裕基にソロ弾を浴び、終盤で勝ち越しを許す。苦しい展開に昨季セ・リーグ王者が意地を見せたのは八回、先頭の川端慎吾が安打で出塁したところから打線がつながって雄平の同点適時打。さらに中村が2死一、二塁から前進守備の左中間を破る決勝の2点適時二塁打を放った。

3連戦の初戦で勝利したヤクルトにファンからは、「最高の試合でした!ソフトバンクに勝ち越しましょう!」「あと2つ勝って昨年の日シリの借りもまとめて返しちゃいましょう」「昨年の日本シリーズの借りを返したいですね」「本当気持ちいい勝ち方してくれてありがとう」などの声が寄せられている。

ヒーローインタビューで中村は決勝打の場面を振り返り、「みんながつないでくれて、同点に追いついてくれて、僕が決めるしかないかなと思いました」と語った。ソフトバンクの連勝を6で止める逆転勝利には、「ソフトバンクさん相手に逆転勝ちできたことはうれしく思いますけど、明日からもひとつずつ勝っていくことが大切かなと思います」と冷静ながらも笑顔を見せていた。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top