ロッテ、デスパイネが3点本塁打含む4打点…ヤクルトに快勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテ、デスパイネが3点本塁打含む4打点…ヤクルトに快勝

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ロッテは6月12日、QVCマリンフィールドでヤクルトと対戦。指名打者・デスパイネが4打点を挙げる活躍を見せ、7-1で快勝した。

2-1とリードして迎えた6回裏、ロッテは1死一、二塁の好機を作ると、清田育宏外野手が適時二塁打を放って2点を追加。続く7回裏には、デスパイネが弾丸ライナーで右中間に運ぶ3点本塁打を放って試合を決めた。投げては唐川侑己投手が5回を投げて1失点と先発の役割を果たし、今季2勝目を挙げた。

これに対してロッテファンからは、「唐川ナイスピッチング!強気で行こう。ソフトバンクを独走させるわけにはいかない」「清田選手の復活がなにより。唐川選手も良い投球でした!」「今日は清田が良かったねぇ。昨日の田村のようなバッティングをすれば、良くなると思ってたけどね。デスパイネの久しぶりの一発シビれたぁー!今日の唐川は最高だった。次も期待できる内容だったね」「デスパイネ!デスパイネ!デスパイネ!」など投打で活躍した選手らを称賛する声が相次いでいた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top