ヤクルト、中村悠平の決勝スクイズで延長戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルト、中村悠平の決勝スクイズで延長戦を制す

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ヤクルトは6月10日、QVCマリンフィールドでロッテと対戦。延長10回表に中村悠平捕手の決勝スクイズが決まり、ヤクルトが7-6で勝利した。

ヤクルトは6-3とリードして迎えた9回裏、土壇場でロッテに3点を返されて同点とされるも、10回表に1死三塁の好機を作ると、中村が意表をついたスクイズを決め、これが決勝点となった。投げては、2番手で登板したオンドルセク投手が今季3勝目を挙げた。ロッテは守護神・西野勇士投手が誤算だった。

これに対して、「9回裏追いつかれた時はだめかと思った。スクイズとはまいりました!」「どうしても1点を取りたいというところでナイスアイデア。それにしても簡単に勝たせてくれないな」「今日はもっとラクに勝たないと!小川にはもう少し状態を上げてほしいな」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top