NBAファイナル、キャバリアーズ連勝で3勝3敗のタイに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

NBAファイナル、キャバリアーズ連勝で3勝3敗のタイに

スポーツ 短信

NBAファイナル、クリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステート・ウォリアーズ(2016年6月16日)
  • NBAファイナル、クリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステート・ウォリアーズ(2016年6月16日)
  • トリスタン・トンプソン 参考画像(2016年6月16日)
  • JR・スミス 参考画像(2016年6月16日)
今季のNBA(米国プロバスケットボールリーグ)王者を決める戦い、NBAファイナルは6月16日に第6戦が行われた。地元のクリーブランド・キャバリアーズがゴールデンステイト・ウォリアーズを115-101で下し、対戦成績を3勝3敗に戻している。

負ければ後がない状態から敵地での第5戦に勝利したキャバリアーズ。地元に戻ってきた第6戦では、第1クォーターから積極的なプレーを見せる。

試合開始からスモールラインナップで仕掛けてきたウォリアーズに対し、トリスタン・トンプソンが16リバウンドでゴール下を征圧したほか、高さの足りない相手に対し、どんどん内側に入って行く攻撃を見せる。そして中を警戒したところでJR・スミス3ポイントシュートを4本成功させた。

第5戦でともに41得点を決めたレブロン・ジェームズとカイリー・アービングは、この試合でも好調を維持。アービングが23得点、レブロンは2試合連続の41得点に11アシスト、8リバウンド、4スティール、3ブロックなど試合中あらゆる場面に顔を出してはウォリアーズを圧倒した。

キャバリアーズは第4クォーター残り2分19秒から、メンバー5人全員を総入れ替え。それまでプレー機会のなかった選手にもホーム最終戦を経験させるなど、余裕の逃げ切りで対戦成績をタイに戻した。

ウォリアーズは第5戦で左ヒザの骨打撲を負ったアンドリュー・ボーガットが欠場、前の試合で出場停止だったドレイモンド・グリーンは戻ってきたものの、アンドレ・イグダーラが試合中に背中の違和感を訴えるなどベストメンバーがそろわなかった。

さらに頼みのステフィン・カリーは、第4クォーター終盤にキャリア初のファウルアウトで退場。コートを去る際には珍しく激昂し、マウスピースを観客席に投げつけた。

今回の試合は審判のファウル基準が厳しく、キャバリアーズのケビン・ラブも判定に抗議していた。両チームともファウルトラブルに泣かされた第6戦だった。

1勝3敗から追いついたキャバリアーズ。ファイナルでは史上初となる大逆転劇達成なるか。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top