イングランドが交代策的中…劇的弾でウェールズに逆転勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イングランドが交代策的中…劇的弾でウェールズに逆転勝利

スポーツ 短信

ジェイミー・ヴァーディ 参考画像(2016年6月16日)
  • ジェイミー・ヴァーディ 参考画像(2016年6月16日)
  • ダニエル・スタリッジ 参考画像(2016年6月16日)
サッカー欧州選手権(EURO)は6月16日、イングランド対ウェールズの英国ダービーが行われた。注目の試合はイングランドが後半の2得点で2-1の逆転勝利を収めている。

前半はイングランドがボールを支配し、ウェールズが守勢に回る予想どおりの展開で進んだ。しかし、イングランドは攻めながら決定的なチャンスを生み出せず、無得点のまま時間が進む。

先制は劣勢に立たされていたウェールズだった。前半44分にゴール正面でFKを獲得。やや距離はあったが、ガレス・ベイルの左足から蹴り出されたボールは無回転の揺れるシュート、それがゴール前で鋭く落ちながらGKの手を弾いてネットに吸い込まれた。エースの一撃でウェールズがリードして折り返す。

この展開を見てイングランド代表のロイ・ホジソン監督は、後半の頭からジェイミー・ヴァーディ、ダニエル・スタリッジを投入する。そのふたりがイングランドを救った。

後半11分にゴール前でヴァーディがこぼれ球を押し込み同点。引き分け目前のアディショナルタイムには、味方とのパス交換でエリア内に侵入したスタリッジが決勝ゴールを決めた。

この試合にサッカーファンからは、「ベイルのFKはヤバかったけどウェールズ残念」「心情的にウェールズを応援してた。グループは勝ち抜いてほしいな」「自力を考えれば妥当な結果。だけどイングランドはもっと早い時間帯に点を取らないと」「イングランドはケインの調子が上がらないな」「ルーニーがDF以外の全ポジションをこなしていた」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top