フランス、2試合連続の劇的弾…EURO16強入り | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

フランス、2試合連続の劇的弾…EURO16強入り

スポーツ 短信

フランス、2試合連続の劇的弾…EURO16強入り(c)Getty Images
  • フランス、2試合連続の劇的弾…EURO16強入り(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
サッカー欧州選手権(EURO))は6月15日、フランス対アルバニアが行われた。試合はフランスが後半に2ゴールを挙げ2-0で勝利、2連勝でグループステージ突破を決めている。

ルーマニアとの開幕戦に続き、開催国フランスが土壇場で底力を見せた。ディディエ・デシャン監督は第1節から、ポール・ポグバとアントワーヌ・グリーズマンをベンチに下げた布陣で臨んだ。

前半はもたつくことが多くチャンスも作れなかったフランス。枠内シュート0本に抑えられて折り返すと、後半からアントニー・マルシャルに代えてポグバを入れた。

ハーフタイムにデシャン監督から発破をかけられたか、後半のフランスは見違えるように攻撃的なサッカーを展開。さらに監督はキングスレイ・コマンに代え、グリーズマンを入れる。

そのグリーズマンが後半45分、ヘディングで先制点を決めフランスが終了間際にリード。さらにフランスは後半アディショナルタイム、自陣右サイドでボールを持ったポグバから、敵陣の逆サイドまで長いパスが通り、最後はディミトリ・ペイェがダメ押しのゴール。

2試合続けて劇的な勝利を収めたフランスにサッカーファンからは、「今回のフランス代表は雰囲気がいい」「かなりピッチが滑ってやりにくそうだったけど、最後はきっちり決めた」「アルバニアが頑張って守ってたから、最後まで守り切ってほしかった。フランスは前半あまり良くなかったけど、最後のあたりは良くなってた」「フランスの勝ち方は波に乗りそう。優勝あるかも」と期待の声が寄せられている。

デシャン監督はポグバとグリーズマンを控えとした判断について、「ふたりとも控え扱いを喜んではいない。ポグバに関しては戦術的判断だった。あのシステムでは、中盤にふたりの潰し屋が必要だった。グリーズマンについては、私が諭している。だが、得てして途中出場の選手が試合を決めるものだ。開幕戦もそうだった」とコメントした。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top