宇佐美貴史、苦手なダンス披露…ガンバ大阪がホームで浦和レッズに勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

宇佐美貴史、苦手なダンス披露…ガンバ大阪がホームで浦和レッズに勝利

スポーツ 短信

宇佐美貴史、苦手なダンス披露…ガンバ大阪がホームで浦和レッズに勝利
  • 宇佐美貴史、苦手なダンス披露…ガンバ大阪がホームで浦和レッズに勝利
  • 宇佐美貴史、苦手なダンス披露…ガンバ大阪がホームで浦和レッズに勝利
  • 宇佐美貴史 参考画像(2016年4月19日)
  • 槙野智章 参考画像(2015年11月17日)
J1暫定8位のガンバ大阪は6月15日、ファーストステージ第10節の未消化試合でホームに暫定3位の浦和レッズを迎えた。前半8分にFW宇佐美貴史が奪ったゴールを守りきったガンバ大阪が1-0で勝利している。

ガンバ大阪は順位をふたつ押し上げ、浦和レッズは首位の川崎フロンターレに勝ち点を7ポイント引き離されたままだ。1試合の消化試合を含めて残り3試合の浦和レッズは、痛恨の黒星を喫した。

試合後、宇佐美はインスタグラムを更新。「ブラジルで流行ってるダンスらしい。笑」とFWアデミウソンとゴールパフォーマンスのダンスを披露する動画を投稿した。

コメント欄には、「応援ありがとうございました!ほんまに勝ててよかった。」と書き込み、宇佐美は苦手だというダンスで勝利を喜んでいる。

また、敗れた浦和レッズのDF槙野智章はインスタグラムで、「敗戦からたくさんの事を学び、たくさんのモノを得る。」とコメント。今までの積み重ねを信じて、「ここからまた団結してやります!」と次戦からの意気込みを示した。

両チームのファンからは、「エース宇佐美が決めると、やっぱめちゃくちゃ嬉しいです!」「ナイスゴール!」「浦和なら大丈夫。こっからどんどん巻き返して年間優勝!」「そろそろ結果だしてくれよ…」などのコメントが寄せられていた。


《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top