イチロー、日米通算4257安打…新記録にスタンディングオベーション | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イチロー、日米通算4257安打…新記録にスタンディングオベーション

スポーツ 短信

イチローが日米通算4257安打を達成(2016年6月15日)
  • イチローが日米通算4257安打を達成(2016年6月15日)
  • イチローが日米通算4257安打を達成(2016年6月15日)
  • イチローが日米通算4257安打を達成(2016年6月15日)
  • イチローが日米通算4257安打を達成(2016年6月15日)
マイアミ・マーリンズのイチローは6月15日、サンディエゴ・パドレス戦に1番・右翼手で先発出場し、5打数2安打だった。九回の第5打席で二塁打を放ったイチローは、日米通算安打数を4257本として、ピート・ローズ氏の持つメジャー最多安打4256本を抜いた。

イチローは初回の第1打席、2球目を打っていったが当たり損ねのゴロが捕手の前に転がる。しかし、快足を飛ばして一塁を駆け抜け、ローズ氏の記録に並ぶ4256本目の安打にした。

その後は凡退が続いたイチロー。新記録の達成は翌日以降に持ち越しかと思われたが最終回、味方打線がつないで5度目の打席が回ってくる。このチャンスでイチローは甘く入ってきたボールを強く叩き、右翼線への二塁打にした。

イチローがローズ氏を抜いたことが紹介されると、敵地ペトコ・パークの観客もスタンディングオベーションで祝福。イチローは歓声にヘルメットを掲げ静かに応えた。

イチローの快挙にファンからは、「イチローおめでとう!」「イチロー選手、安打記録おめでとうございます!」「イチローすごい!けど、おめでとうはメジャー3000本まで取っておく」「日米通算には否定的な意見もあるけど、ただ打ったという事実は変わらない」などの声が寄せられている。


《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top