「ヤクルトが弱い理由は?」と聞かれた『つば九郎』都知事に責任をなすりつける | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「ヤクルトが弱い理由は?」と聞かれた『つば九郎』都知事に責任をなすりつける

スポーツ まとめ

「ヤクルトが弱い理由は?」と聞かれた『つば九郎』都知事に責任をなすりつける
  • 「ヤクルトが弱い理由は?」と聞かれた『つば九郎』都知事に責任をなすりつける
球団マスコットといえば、プロ野球・読売ジャイアンツのジャビット、中日ドラゴンズのドアラなど、各球団にいますよね。そのゆるーい見た目と動きは、球場の雰囲気を和らげてくれつ大切な存在です。

その中でも、東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクター『つば九郎』は、特にキャラが濃いことで知られています。










つば九郎はさまざまなフリーダムすぎる行動をしており「畜生ペンギン」という二つ名で球団内外から愛されています。キャラが立っていますね。

今回注目されているのは、そのつば九郎が『とんでもない時事ネタ』を使ってしまったという衝撃の出来事です。「つば九郎、それはダメだろ!?」とツッコミながらご覧ください。

楽天イーグルスとの試合前イベントで、ヤクルトが弱い理由を聞かれたつば九郎。
実はヤクルト、セ・リーグの順位表で6球団中6位という芳しくない成績になっていたのです。(6月7日時点)

一体どんな言葉が飛び出すのかと思えば…

『とちじがわるい』




『くれよんしんちゃんは けいひではない』

ズバッと時事ネタに切り込むつば九郎。

「クレヨンしんちゃん」と言えば、舛添知事が経費で購入し、その時に使われた『違法ではないが一部不適切』という言葉が話題になり、Twitter上では大喜利状態にもなりました。

つば九郎としては、東京を担う球団の一員として、許せない思いがあるのかもしれませんね。










時事ネタ、しかもある意味東京人にとって一番デリケートな問題を引っ張り出してこの涼しい顔。

いつだってブレないつば九郎、さすがです。これからも見守って行きましょう!
記事提供:@Heaaart

編集部おすすめの記事

page top