阪神・メッセンジャー、7回無失点の好投…連敗を5でストップ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神・メッセンジャー、7回無失点の好投…連敗を5でストップ

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
阪神は6月11日、札幌ドームで日本ハムと対戦。先発のメッセンジャーが7回無失点の好投を見せ、3-0で勝利した。

阪神は3回表、1死一、二塁の好機を作ると、大和内野手が適時打を放って2点を先制。6回表には押し出し四球により1点を追加した。投げては、メッセンジャーが日本ハム打線につけ入る隙を与えない投球で勝利に貢献した。日本ハムは4安打と打線が沈黙した。

これに対して、「大和ありがとう!とにかく勝ってよかった」「一週間ぶりの勝利キター!ようやく連敗が止まったか…。 現状なら最後はドリスだな。 さあ、明日は大谷だ。 岩崎、投げ負けるなよ」「今結果見ました。勝てた~。やっと勝てたぁ~。よかったぁ。一切試合見ないのはホントに珍しいけれど、やはり物足りないなぁ。明日も頑張れタイガース」「大和はスタメンで固定して」など、連敗ストップに安堵するファンの声が寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top