吉田麻也の去就にも影響か…クーマン監督がエヴァートン移籍で合意 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

吉田麻也の去就にも影響か…クーマン監督がエヴァートン移籍で合意

スポーツ 選手

クーマン監督 参考画像(2015年3月3日)
  • クーマン監督 参考画像(2015年3月3日)
  • 吉田麻也 参考画像(2015年11月28日)
英国メディアは6月7日、イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンから、同リーグのエヴァートンへロナルド・クーマン監督が移籍すると報じた。

エヴァートンは今季途中にロベルト・マルティネス監督を解任し、新シーズンに向けて新たな指揮官を探していた。そこで白羽の矢を立てたのが今季、サウサンプトンをクラブ史上最高のプレミアリーグ6位に導いたクーマン監督だった。

すでにクーマン監督とエヴァートンは合意に達していたが、クラブ間での違約金をどうするかが問題として残っていた。『Sky Sports』によれば両クラブは、エヴァートンが500万ポンド(約7億8000万円)を支払うことで合意している。

この決定は日本代表DF吉田麻也の去就にも影響を与えそうだ。今季のサウサンプトンは新加入のフィルジル・ファン・ダイクがクーマン監督の期待に応え、リーグ戦34試合に出場した。ファン・ダイクが定位置をつかんだ一方、吉田はリーグ戦20試合出場(先発10試合)にとどまり、終盤には「選手として一番良い時期をベンチで過ごしたくない」と移籍を示唆する発言があった。

関連記事: 吉田麻也、出場機会減に移籍示唆「一番良い時期をベンチで過ごしたくない」

新監督を招き再び横一線からのスタート、UEFAヨーロッパリーグ(EL)出場で試合数増加と残留を決断させるための条件はそろっている。ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を前に、日本のディフェンスリーダーがどのような決断を下すか注目だ。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top